屋上防水は適切なタイミングでやることが大切

建物の寿命をUPさせたい人必見~防水塗料が重要~ 建物の寿命をUPさせたい人必見~防水塗料が重要~

屋上防水工事のタイミングを把握する

屋根の修理

建物の寿命を延ばすには屋上防水が非常に重要ですが、やってみようと思ってもタイミングがわからないという人も少なくありません。屋上防水を施すのにベストなタイミングの見極め方や屋上防水の基礎知識についてチェックしてみましょう。

専門知識がなくてもわかる!こんな症状なら屋上防水が必要

雨漏りしている
たとえ専門知識がなくても、屋上防水を施した方が良いと思われるもののひとつに雨漏りがあります。雨漏りは直接建物の材質の部分にまで水が入り込み、急激に建物を傷めてしまうので、早急に対処する必要があります。天井にシミができてしまっている場合などは、特に緊急性を要します。そのため、なるべく早く屋上防水を施すことをおすすめします。
コンクリートが破損している
目地の割れや破損が見られる場合も屋上防水をおすすめします。放置しておくと、目地の劣化した部分から水や空気が入り込んでしまい建物を劣化させてしまいます。目地の破損は、押さえ層と防水層に水が入り込むきっかけになります。押さえコンクリートのひび割れも同じことが言えます。建物の劣化を早めないためにも、水が入らないように対処しましょう。
防水層が破損している
防水層はキレイなままでしょうか。防水層が破損していたり、防水層にふくらみが見られたりする場合には、内部に水が入ってしまっている可能性が考えられます。放置しておくことで建物の内部に水分が浸み込んでいき、漏水につながる危険性があります。防水層にふくらみを見つけた場合や破損箇所が見られる場合も、早急に屋上防水を施す必要があります。
ドレンが機能してない
ドレンと呼ばれる、排水口のような部分の状態をチェックしてみましょう。ドレンに土やほこり、その他のゴミなどが詰まっている場合は、適切な排水が行われていないことがあります。雨水が素早く排出されない場合は、建物に負担がかかってしまうので屋上防水をしておくと安心です。ドレンは常にキレイに掃除し、きちんと機能するようにしておきましょう。

チェック項目に当てはまる場合は

上記のような症状がひとつでも当てはまるような場合には、雨水などで建物に大きな負担がかかっていることが考えられます。大切な建物とその内部の家財を守るためにも、今すぐ屋上防水を施しておくことをおすすめします。

屋上防水工事で重要なポイント

防水塗料選びで耐久性は変わる

防水塗料にもさまざまな種類があります。種類によって耐久年数が違うので、どのくらいキープしていたいのかを明確にしておくと、防水塗料を選ぶときにあまり迷わなくて済むでしょう。耐久年数によって価格も異なるので、自分が望む耐久年数と費用とのバランスを考えて検討することがおすすめです。また耐久性だけでなく、防汚性や耐候性なども違うので、単純に比較するのが難しいものです。ぜひ屋上防水の専門業者とたくさん話をして、プロと一緒に選んでみてください。

TOPボタン